top of page

挑戦を続ける美しき大人バレリーナ✨〜本日の大人のプレバレエクラス

更新日:6月8日

こんにちは!DancingFUN横浜校代表の市之瀬哉斗(かなと)です💫


新年度からご入会いただいた方で、

一度もバレエを習ったことのない、

だけどバレエへの憧れがある、

まさに大人のプレバレエクラスにピッタリの生徒さんがいらっしゃいます✨


大人になってから初めて、バレエに触れ、

バレエを学んだ先の姿にわくわくして、

夢を抱く……


憧れを叶えるって、本当に素敵ですね…!!


この瞬間に立ち会えること自体に感動してしまいます😭

私が生徒さんと同じ年齢になったとき、

そんな風に大きな第1歩を踏み出せるか、ちょっと想像できないです🤨

だからこそ心底尊敬していますし、そのお力になれるというのは本当に光栄な事だと思っております。


市之瀬クラスでは事細かに直し、指摘をしていくのですが、そんなクラスで大丈夫だったかと尋ねたところ、

『ちゃんとバレエ教室に入れた感じがして嬉しかった』

と仰っていて、私も嬉しくなりました☺️


丁寧な学びを受けられるのは、フィットネス系のバレエレッスンとは違う、お教室ならではの良いところかもしれないですね💡


こうしてきちんとバレエをバレエとして向き合っていただける方が居るというのは、

他のどの踊りでもなく、バレエに拘る私としても大変嬉しいことです😌




本日の大人のプレバレエクラスでのお話🍀



日々のレッスンで行っている『タンデュ』。


バレエ経験者からすると、

“足を出して伸ばすだけ”であり、特別難しさは感じない。

強いて言えば、姿勢を崩さず常にターンアウト強化くらいは意識するでしょうか。


しかし、バレエ未経験の方からすると、何気ないタンデュですら、ハードルが高いのだと改めて気付かされました🤯


ただ足を出すと、

・膝や足先が曲がる

・内股になる

・重心がズレる


ならば、それらを克服しようと思うと、

・全身に力が籠る

・ドゥミが通過できない

・部分的に力を抜けず、足を戻す時にお尻で引いてしまう

など不具合発生⚠️


ので、本日行ったのは、


【前タンデュ】

3番→小さい4番→ドゥミ(指を曲げる)→伸ばし切る→ターンイン→ターンアウト→ドゥミ→小さい4番→3番


というように、

動きを最大限細かく分割し、

かつ、全てのポジションで姿勢を直せるくらいゆっくりに。

かつ、ジュテやロン・ドゥ・ジャンブ・パール・テールでも同じ流れを取り、何度も通過することで慣れていく。

という練習。



子ども相手の場合はここまで徹底してたら速攻飽きて意識が宇宙に飛んで行きます🤣

知識欲があって、上達志向な『大人のプレバレエクラス』ならではのスタイルですね🌸


基礎から徹底してクリアしていくなら、

プロやバレエ経験者が思う何倍も動きを分割すると、漸く何が起こっているのか解る💡


生徒さんも、力を入れる場所と抜く場所や、色んなことが感覚として解ったと仰っていたので、きっと新たにシナプスが増えたことでしょう🧠✨


もちろん、大人の場合でも1つの動きに100%の確実性を求めずとも、レッスンの流れで気付いていける場合もあるので、


・徹底的に直すレッスン

・流れで応用するレッスン


の週2回体制が取れると上達の着実性がアップするはずです🙌


なんと言っても、一人一人のレベルに合わせられる個人レッスンに勝るもの無し、なのですが🙄


大人のプレバレエクラス』はまだ受講人数に余裕があるので、曜日によっては低価格で個人レッスンを受けられる場合もございます🤫

人知れずバレエを習ってみたい方、上達したい方は是非ご相談ください😉




バレエスイッチが入った生徒さんは

「自分はバレエのために何をすればいいか」

と意欲全開で聞いてくださいました🤩


次のレッスンまでに、教わったことを忘れないでください。


というのが答えです🤗

あとは教師にお任せください💪

絶対に今よりもっと美しくします❤️‍🔥




ここまでお読みいただきありがとうございました💫

閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page